2016年04月24日

【ケアマネ試験 2016年】試験対策で合格したい

【ケアマネ試験 2016年】試験対策で合格したいと思ってい方に。
ケアマネ試験に必要な知識を関連付けて理解していくことで、
スムーズに勉強できるようになります。

【ケアマネ試験 2016年】に合格するために



【ケアマネ試験】の試験対策の
知識を「丸暗記」するだけの勉強は、もう終わりにしませんか?
2015年4月からの介護保険制度は、大幅な見直しがありました。

介護保険制度が「大幅に見直される」ということは、
そこには、必ず、制度を見直すべき「課題」があるのです。

つまり、
「2015年の改正というのは、2012年の制度に何か
見直すべき「課題」があったから見直された!」ということ!

介護保険制度は、2000年にスタートし、これまで、
「2006年」「2012年」「2015年」に大幅な制度改正がありましたが、

制度が変わってきた背景には、必ず!そこには、
制度を見直すべき 大きな「課題」があったのです!

2015年4月からの改正は、
「地域包括ケアシステム」を本格的に実施する改正となりました。

「団塊の世代」の方が75歳以上の後期高齢者となる2025年!

2010年から2025年の15年間で、
75歳以上の後期高齢者の人口が約700万人増えるといわれています。

これはデンマークやノルウェーの全人口より多いんです!

もうこれ以上は、財源も足りないですし、
これまでのように、施設をどんどん増やすという政策では間に合わないんです!

財源を節約しながら、増え続ける認知症高齢者や要介護高齢者をどう支えていくのか?

これが、2012年の改正!
つまり「地域包括ケアシステム」を導入した本当の理由です。

「地域包括ケアシステム」を簡単な言葉でお伝えすると、
「元気な高齢者から、要介護5までの高齢者を、地域で支える仕組みを整える!」ということです。

これは、2012年の「地域包括ケアシステム」の狙いであり、
同時に2015年改正の狙いでもあります。

ですが!
「団塊の世代」が75歳となる2025年問題において、

もう一つ大きな課題に着手したのが、
2015年の改正といって良いでしょう。

その大きな「課題」とは一体、何なのでしょうか?
「地域包括ケアシステム」を本格的に実施するということは、

具体的にどういうことなのでしょうか?

何をどのように?

本格的に実施したのでしょうか?


2015年の制度が変わった背景には、
どのような解決すべき「課題」があったのか?


上記のように、制度を関連付けていくことで、
これまで曖昧だった介護保険の基礎が、ガッチリ身につきます。


このようにケアマネ試験に必要な知識を関連付けて理解していくことで、 スムーズに勉強できるようになり、結果これまで多くの受験生が、合格してきました♪

これは、これまでケアマネ試験に合格してきた先輩達が証明しております^^
このページには、合格者の喜びの声を、た〜くさん掲載しておりますので
ぜひご覧になって下さい♪

もう!【ケアマネ試験 2016年】試験対策の知識を
「丸暗記」するだけの勉強は、終わりにしませんか?
ケアマネ試験対策 CDセミナー2015 【2016年度版 無料バージョンアップ】

【ケアマネ試験 2016年】試験対策で合格するには?
介護支援分野を短時間で学べる!
出題されるポイントを、関連性の深い分野でグルーピング化。
大きく6つに分類しそれぞれを8枚のCDで解説。
posted by ケアマネ at 06:01| ケアマネ試験対策2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする