2016年05月26日

【2016年】ケアマネジャー(介護支援専門員)試験対策は、3ステップ

【2016年】ケアマネジャー(介護支援専門員)試験対策は、3ステップ
空き時間を使って、短期間で2016年ケアマネ試験に合格を目指している方
通勤中、家事の合間に散歩中に聞きながら勉強する事ができます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)の試験対策には
「基本テキスト」を丸暗記すれば、合格できると思っていませんか?
・今から勉強しても時間がないから無理だと思っている。
・張り切って基本テキストを買ったけど、膨大なページ数を見たら、一気に気が遠くなった。
・仕事が忙しくて勉強をする時間がない。何もできないまま時間だけが過ぎていく。
・何度も同じところで間違えて自信喪失、トーンダウンしている。
・正直、何から手をつけていいのかわからない。時間だけが過ぎ、毎日焦りだけが襲ってくる。
・知らない専門用語ばかりで、何が書いてあるのかチンプンカンプン。
・試験日はどんどん迫ってくるのに勉強に身が入らない、どうしたらいいの?



ケアマネ試験の基本テキストをご覧になったことはありますでしょうか?
この基本テキストを見て、気が遠くなったという人がいるのも無理はありません。

基本テキスト七訂版は、B5版で全3巻、
第1巻381ページ、第2巻493ページ、第3巻407ページ、
合計1281ページもあります。

この量を独学で勉強し続けるには、膨大な時間と、強い忍耐力が必要です。
ですが仮に、基本テキストを丸暗記できたとして、
ケアマネ試験に必ず合格できるのでしょうか?

ケアマネ試験の方式は、5択の中から正誤を判断する形式のものです。
しかも、1問にかけられる時間は2分もありません。

このような試験の場合には、
テキストを丸暗記するということが非効率な場合もあります。

特に、試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

短期間の勉強で、ケアマネ試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。


そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように
開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格脳プログラム」です。




東大式のシンプルなこの3つのステップを取り組むことで
年令に関係なく、効率よく勉強することが可能となります。

【2016年】ケアマネジャー(介護支援専門員)試験対策の
3ステップとは?

【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラムは、何も難しいことはありません。
誰でも一から始められる内容になっています。
おおまかに言うと、次のたった3つのステップをやってもらうだけです。

短時間でも効率よく学べるのは「簡単3ステップ」だから!!

Step1.徹底的にわかりやすい「ケアマネ教材」でケアマネ試験の概要を理解します。
Step2.繰り返し聞くだけで、「ケアマネ試験」の知識を短期記憶します。
Step3.東大式ケアマネ専用【記憶術アプリ】で長期記憶します。


たったこれだけです。
シンプルなこの3つのステップを、自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらにケアマネ試験対策のトレーニングもできるのです。

【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム
posted by ケアマネ at 06:10| ケアマネ試験対策2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする