2016年06月02日

【2016】ケアマネ試験の対策に「過去問題」を繰り返すだけで?

資格取得の勉強は、検定試験の勉強には、「過去問題」を繰り返すって
王道の勉強方法、試験対策になると思いますが、そのままでいいのかな?

集中して、重点的に試験勉強できないのでしょうか?
【2016】ケアマネ試験の対策に「過去問題」を繰り返すだけでいいのでしょうか?

せっかく試験を受けるなら、受験するなら
絶対に無駄にしたくない、合格したい、資格をゲットしたい。

その為には、王道の勉強方法の「過去問題」を繰り返す以外にも
目を向けて、挑戦する必要もあるのかもしれません。

そして、2016年にきっと、必ずケアマネ試験に合格したいです。

ケアマネ試験とは、
ケアマネ試験の方式は、5択の中から正誤を判断する形式のものです。
しかも、1問にかけられる時間は2分もありません。

このような試験の場合には、
テキストを丸暗記するということが非効率な場合もあります。

特に、試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

短期間の勉強で、「ケアマネ試験」に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

そこで、誰でも短期間の勉強で【ケアマネ試験】に合格できるように

開発したのが「東大式記憶術ケアマネ試験一発合格脳プログラム」




ケアマネ試験対策のトレーニング
自宅で、通勤中、好きな時間に繰り返し「試験対策」し
合格に近づく事が可能になります。

ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができます。

・「全分野」介護支援分野、保健医療サービス分野、福祉サービス分野に対応した、ポイントを押さえた教材(テキスト)で概要を理解します。
・6枚の音声CDを繰り返し聞く事で、「ケアマネ」の知識をと問題を解く力が身につきます。
・ケアマネ記憶術アプリで問題を繰り返し解き、長期記憶します。

posted by ケアマネ at 06:40| ケアマネ試験対策2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする