2017年01月04日

【2017年ケアマネ試験対策】ケアマネージャーの過去問のみ効率が

平成29年に、ケアマネージャー試験の合格を目指している方に
目標とされている方に

空き時間を使って、短期間に
2017年のケアマネ試験に合格を目指しませんか??

お仕事や、学校など
自由に勉強できる時間が持てない人などに
試験までの時間が限られている人にとっては、
勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右されますから。

短期間の勉強で、ケアマネージャー試験に合格するには、
試験の出題方法や傾向に合わせて、攻略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

そこで、誰でも短期間の勉強でケアマネ試験に合格できるように




試験対策といえば、勉強といえば
「過去問」を繰り返しやるという勉強方法が一般的?かと
考えられているかもしれませんが

2017年のケアマネ試験の合格のため

試験対策として

シンプルな「3つのステップ」
自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
ケアマネ試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらにケアマネ試験対策のトレーニングもできるのです。

記憶するには、
聞いたり、読んだりしたことを、
話したり、書いたりしてアウトプットすることが大切。

そして、それを長期的に記憶に残すには、
数日間に渡って、 繰り返すことが重要だということが、
だんだんわかってきたと思います。

この勉強法に、学歴や、IQなどの頭の良さ、は全く関係ありません。
しかし、こういった小さな勉強法の違いが結果をわけます。

正しい勉強法で、ケアマネ試験に取り組むことで、あなたはケアマネ試験に合格できるでしょう。

でも、時間のない私にそれができるかしら?

ケアマネ試験を受けられる多くの方は、
現在、働いていたり、家事があったりと、なかなか時間が取れない方が多いでしょう。

いざ、記憶のプロセスに沿って勉強しようとしても、
その時間がとれなければ意味がありません。

通期中の電車の中で・・・声を出してテキストを読むわけにはいきませんよね。
仕事の休憩時間に・・・気軽に声を出してテキストを読める場所なんてなかなかありません。

文字を書く、という事も、紙と鉛筆が必要になりますし、
もし、用意できたとしても、
書くことの一番の欠点は、時間がかかる、ということです。

しかも、まだ覚えていないことに関しては、書いて覚えることは非効率です。
あなたの貴重な時間を、結果の出ないことに費やす訳にはいきません。


【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム

ケアマネ試験対策で

試験勉強時間を確保できますか?
ゆっくり机に向かって勉強できない時でも、どこでも記憶ができるよう、
様々なツールを準備しています。

具体的には、テキストを読みながらCDを聴きまくってください。
テキストの内容はすべてCD6枚に入っています。

通勤中や、運転中、家事をしている最中は、CDを聴くだけでも構いません。
集中しながら聞いてもいいですし、忙しい時は聞き流しても構いません。

そして、隙間時間ができたら今度はアウトプットします。

テキストの内容を、書き写す?

いえいえ、そんな時間がかかることはいたしません。

インプットした情報をもとに、ケアマネ式アプリを使って、
実際に問題を解くことでアウトプットしていきます。

携帯電話、スマートフォンでも、手軽にできるアプリとなっているので、
いつでも好きな時間に、ちょっとした合間にも、どこでも、問題を解いてみましょう。

そして、毎日の隙間時間で、
インプットとアウトプットを繰り返し実践することで、
いつの間にか「長期記憶」に保存されていくのです。
posted by ケアマネ at 07:39| ケアマネ試験対策2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする